防犯対策にお勧め|玉砂利の効果を知っておこう

防犯から考えたいこと

理想の庭造り

ウーマン

長く暮らしている住まいの防犯セキュリティを高めようと考えた場合、玉砂利を敷くのが最もお手軽です。
機材を取り入れようと考えればコストがかさみますし、工事が必要になるケースもあります。
玉砂利は庭に敷くだけで済みますから、すぐさま防犯のレベルが上がるのです。
また玉砂利は庭の雑草を除去してから敷くことによって、無駄な草が生えてくるのを防ぐ効果もあります。
防草シートを下に設置すればそうした効果も高まりますから一石二鳥です。
庭に防犯用の玉砂利を敷く際は、設置したいポイントを考えてみましょう。
純粋に防犯性能だけを上げたい場合、玄関の扉や窓の下など犯罪者が侵入しやすいポイントを狙って敷きます。
防犯用の玉砂利は普通の砂利よりも踏んだ時に大きな音が鳴ります。
周囲の人達から親友が分かりやすいだけでなく、侵入者もこうした住まいへ入るのは避けるものなのです。
庭の広範囲に玉砂利を敷く際は美観も考えて種類を選びましょう。
防犯用の玉砂利でも黒から白まで様々なカラーがあります。
一般的に住まいのデザインに合わせて玉砂利を選びます。
またこうした砂利は水の流れを考えて高低を考慮して設置すると、庭の他の植物に広く水分が行き渡ります。
玉砂利はものによって重さが異なりますので、女性が一人で敷く際は軽めの石を選ぶと労力がかかりません。
こうした製品であれば定期的に敷き替えるのも容易ですから、庭の雰囲気を変えたい方にとって選択しやすいでしょう。

防犯対策に使われる場合は

考える人

マンションと違って一戸建て住宅の防犯対策は各戸で自発的に行わなければ他に頼るものはないとされます。
街角には防犯カメラが設置されている場合はありますが、住宅の場合必要な位置に取り付けるかセンサーライトなどの形で対策を行うことが多いものです。
しかしなるべく安い費用でこれを行うには玉砂利を敷くという簡単な方法が知られています。
これは敷地と建物の空きスペースに不審者が近づいて歩いた場合玉砂利がこすれて音を発することで人の存在を確認できる方法で、一番費用もかからず簡単に施工できる方法とされています。
玉砂利は通信販売でも購入することができ普通は白色のものが多いですが、中には防犯や防草も兼ねた玉砂利やガラスを高温で溶かして発砲させた種類のものも販売されていてグレーやブラウン系の色もあります。
価格は30キロ入りで1100円台からあってこれを購入して居間の前とか玄関の周辺、勝手口の通路部分、隣家との間などに敷くケースが多いとされています。
家の周囲全部にこれを敷くとうるさくなるので、なるべく人の通らないようなところが良いとされています。
施工にあたっては業者に頼むという方法もありますがある程度注意点を知っていると自分でも行えます。
除草しないで直接これを敷くと下から雑草が生えて来ることになります。
さしあたって地面の高さを設定して平らに均しておいて除草シートと呼ばれるものを敷き詰めておきます。
シートを適切な大きさでカットして固定しそこへ地面から3センチから5センチの高さになるまで敷き詰めます。

庭に敷く石を変える

砂利

玉砂利は鉢植えや庭に敷くことで景観を変えられる、粒の丸い砂利です。
ホームセンターなどで手軽に入手でき高級感が出せると人気ですが、実は玉砂利を敷くことは防犯対策にも繋がります。
玉砂利を敷いた上を人が歩くと、粒と粒が擦れあって大きな音が出るため空き巣などに狙われづらくなるのです。
玉砂利を防犯対策用として取り入れるには、いくつかコツがあります。
まず一つ目は雑草の除草作業をすることです。
雑草が生えていると石と石の擦れる音が弱くなるため、きちんと除草作業を行うことが大切です。
除草作業が終わったら、除草シートというものを敷きます。
玉砂利を敷く予定の場所より少し大きめに切り、壁と隙間があかないように配色・固定します。
この上から玉砂利を敷くことで、より雑草が生えづらくなり手入れが簡単になります。
また、二つ目のコツとして玉砂利を敷く厚さも大切です。
あまり薄いと上から踏んだ時にすぐ除草シートが見えてしまうので、4センチから6センチくらいの厚みで敷くと良いでしょう。
防犯対策専用の防犯砂利という商品も出ています。
通常の玉砂利よりも粒が大きく素材も違い、より大きな音が鳴るように出来ています。
セキュリティ会社などが開発・販売しているので防犯用に砂利を敷くなら防犯砂利を使用するとより効果が高まります。
玉砂利を庭に敷くことは手軽に出来て効果の高い空き巣対策です。
これから防犯対策をしたいと考えている人は、一度検討してみることをおすすめします。

住まいの防犯について

砂利

玉砂利は、人が踏むと音が出るため防犯に役立ちます。きれいに敷くためには、事前に雑草を除去して地面を平らにした後に防草シートを広げます。音を響かせるためには、5センチメートルの玉砂利が必要です。玉砂利は均等に行き渡るように表面をならし、定期的にメンテナンスをするようにします。

もっと読む

十分な対策を行なう

住宅

家の防犯対策として、敷地内に玉砂利を敷く方法があります。玉砂利同士がこすれあうと、高い音を発します。玉砂利を敷く際は、あらかじめ雑草を取り除いておき、地面から5センチくらいまで敷き詰めて、地面が見えないようにしましょう。

もっと読む

防犯から考えたいこと

ウーマン

低コストで住まいの防犯セキュリティを高めるには、防犯用の玉砂利を敷くのが一番です。玉砂利であれば雑草の除去にも繋がりますので、庭の美観を保ちやすくなります。広範囲に敷く際は、家のデザインと合うカラーを考えて玉砂利を購入しましょう。

もっと読む