防犯対策にお勧め|玉砂利の効果を知っておこう

住まいの防犯について

分量と敷き方の説明

砂利

玉砂利は、庭の景観を良くするだけでなく防犯にも役立つ優れものです。
人が踏むことで玉砂利同士が擦れ合って音を出すため、不審者の侵入をいち早く察知することができます。
そのため、侵入の予防にも繋がるのです。
それでは、玉砂利はどのように施工すれば良いのでしょうか。
必要な分量と敷き方について、以下に順を追って説明を行います。
まず最初に必要な下準備として、除草作業があります。
きれいに玉砂利を敷くために、土台の地面をきれいにしておく必要があるのです。
雑草を根ごと引き抜いた後、地面をならして平らな状態に整えておきます。
その他、除草剤を使用する方法もあります。
地面が平らになったら、防草シートを施工部分に広げます。
これにより雑草が生えなくなるため、今後の手入れが楽になります。
玉砂利を敷いた後に雑草が繁茂すると音が聞こえにくくなるため、防犯効果が薄れてしまって大変危険です。
玉砂利の音を響くようにするためには、その深さが5センチメートル程度必要です。
1平方メートルの土地に必要な玉砂利の分量を計算すると、20キログラムの袋が5袋必要になります。
理想的な深さに仕上げるためにも、事前に敷地の面積を正確に計算しておくことが大事です。
下地を整えて玉砂利を敷いたら、均等に行き渡るように表面をならします。
玉砂利は踏まれる度に外側に広がっていくため、気がついた時に中央に寄せ集めるようにすると安心です。
また、白など汚れが目立つ玉砂利を選んだ場合は定期的に水で洗うようにすると美しさが長持ちします。

人気がある防犯対策

悩む人

防犯対策では、防犯カメラの設置や警備会社と契約を行いセキュリティシステムを導入する方法など様々ある。
これらの方法では、いずれの場合にも比較的費用がかかるということがある。
警備会社との契約では、他の防犯対策に比べ強固な対策となるが毎月の警備費用として数千円程度の月額利用料が必要である。
また、防犯カメラの設置では最近では低価格で購入、設置できるが、初期の購入費用や設置の手間がかかることがある。
これらの防犯対策に比べ、身近な対策として行えるものが玉砂利の利用である。
玉砂利では、庭などに敷き詰めるだけで防犯対策になることがある。
玉砂利は、その上を歩くことで音が鳴るということに特徴があり、他の素材に比べ音を発しやすいということがある。
空き巣などでは音により存在に気付かれることを嫌う為、玉砂利を敷き歩く際に音が鳴ることだけでも防犯対策になる。
特に、戸建て住宅で1階の窓周りに敷くことで、防犯効果を発揮することができる。
玉砂利では、通常の小石を敷くことで対策になるが、最近では防犯専用の玉砂利も販売されている。
これらの防犯砂利では、通常の小石などと比べ音が出やすい素材となっており、より防犯効果を高めることができる。
防犯向けの玉砂利を活用する場合には、侵入ルートとなる個所に隙間なく敷き詰めることがポイントである。
但し、日常的に人が通る場所や見通しの良い場所では、音が不要となることもあるため、これらについては確認が必要である。

防犯効果がアップ

男性

防犯のために必要なこと、それは何と言っても厳重な戸締りです。
しかし、その厳重な戸締りも、時に破られることがあります。
更に防犯を強化するためには、幾つかのアイテムが必要となります。
その力となるものは、主に光と音です。
空き巣の犯行は、音をたてずに暗闇の中で行われます。
空き巣犯の作業中に光が当たったり、音が出たりすれば、そこで犯罪行為はストップになります。
光による防犯については、センサーライトが知られています。
音による防犯グッズとしては、防犯ブザーがあります。
しかし、機械系に強い泥棒は、防犯ブザーを作動できなくして侵入することができます。
最近ではそのような知能犯も増えているといいます。
ただ、そんな知能犯でも閉口させる物が一つあります。
それは、防犯用の玉砂利です。
防犯用の玉砂利は、一見普通の玉砂利に見えますが、踏んだ時に大きな音が出るという特徴があります。
体重が軽い子供が上を歩いても大きな音が出るので、家の周りに敷き詰めれば、防犯対策に役立ちます。
防犯用の玉砂利を厚く敷き詰めれば、砂利の上での作業もやりづらくなります。
非常に便利な防犯用玉砂利ですが、扱いに注意も必要です。
音が出る砂利なので、家人が踏んでも音が鳴ります。
遅い時間帯に庭に出る必要がある時は、渡し板などを用意して、その上を歩くようにすることです。
夜に大きな音を出すことは近所迷惑にもなるので、そこのところを留意することが大事です。
便利な物には落とし穴もあるのです。

住まいの防犯について

砂利

玉砂利は、人が踏むと音が出るため防犯に役立ちます。きれいに敷くためには、事前に雑草を除去して地面を平らにした後に防草シートを広げます。音を響かせるためには、5センチメートルの玉砂利が必要です。玉砂利は均等に行き渡るように表面をならし、定期的にメンテナンスをするようにします。

もっと読む

十分な対策を行なう

住宅

家の防犯対策として、敷地内に玉砂利を敷く方法があります。玉砂利同士がこすれあうと、高い音を発します。玉砂利を敷く際は、あらかじめ雑草を取り除いておき、地面から5センチくらいまで敷き詰めて、地面が見えないようにしましょう。

もっと読む

防犯から考えたいこと

ウーマン

低コストで住まいの防犯セキュリティを高めるには、防犯用の玉砂利を敷くのが一番です。玉砂利であれば雑草の除去にも繋がりますので、庭の美観を保ちやすくなります。広範囲に敷く際は、家のデザインと合うカラーを考えて玉砂利を購入しましょう。

もっと読む