防犯対策にお勧め|玉砂利の効果を知っておこう

十分な対策を行なう

敷くポイントを理解する

住宅

家の留守中や夜間の防犯対策としまして、家の敷地内に玉砂利を敷く方法があります。
一般用として防犯用に売られている玉砂利は、見た目は普通の石に見えるのですが、とても軽くて玉砂利同士がこすれる事で大きな音を発します。
その音の大きさは、75dbを超えるとも言われており、家庭用掃除機の音と同じくらいです。
しかも玉砂利がこすれあうと、非常に高い音が鳴るので、静かな夜間の場合周囲に音が響き渡りやすいです。
玉砂利は、景観を良くする為にいろいろなデザインや形があります。
家の庭とマッチするような玉砂利を購入しても良いでしょう。
また玉砂利は、ホームセンターやインターネットにて誰でも簡単に購入することが出来ます。
しかも、10kgで3000円程度とお手軽な価格で購入できます。
玉砂利がしっかり機能するように敷く為に重要な事としまして、あらかじめ雑草を全て取り除いておく事です。
雑草が生えた状態で敷いてしまいますと、玉砂利がこすれあう隙間に入ってしまったり、塞いでしまって音が発しなくなる可能性があるからです。
除草した後は、防草シートを敷いておくとなお良いでしょう。
そして、玉砂利を敷くときはなるべく均一に凸凹しないように注意して作業しましょう。
地面から5センチくらいまで敷き詰めるようにして、地面が見えないようにしましょう。
これらの事をしっかり理解しておけば、安心して暮らして行くための確実な防犯対策を実施する事が出来ます。

安価なものを探そう

作業員

玉砂利というと、景観のために使うものだと思う人が多いものです。
もちろん、それも一理ありますが、最近は防犯のために玉砂利を使う家庭が増えてきています。
例えば、庭や玄関先に敷き詰めるのです。
大量に敷き詰めておけば、その上を歩くとジャリジャリと音がします。
つまり、その音で侵入者をすぐに確保できるというわけです。
特に、夜間は周りが静かなので大きな音のように聞こえることがあります。
庭が広かったり、門から玄関までの距離が長かったりする場合には敷き詰めておきましょう。
それから、玉砂利といってもいろいろなものがあります。
当然、防犯のために使うので、踏んだ時にジャリジャリと音がしなくてはいけません。
音の出方をチェックして購入しましょう。
最近は大型ホームセンターでも売られています。
お店の人に相談すれば、防犯対策にピッタリな商品を提案してくれるはずです。
それに、ホームセンターではかなり安価で玉砂利が売られています。
大量に必要な場合には、費用が気になることでしょう。
そんな不安を解消してくれることもあり、ホームセンターで大量に購入する人が増えてきています。
もしくは、通販で取り寄せてみるのもいいかもしれません。
大量に注文すれば送料も無料になることがあり、とてもお得です。
一つだけ注意すべき点は、防犯用とガーデニング用とには若干の違いがあることです。
防犯用として売られているものを購入しましょう。
その方が最適です。

音で侵入者を撃退

玉砂利

砂利にはさまざまな種類がありますが、ガーデニングなどに用いられる機会が多いのが玉砂利です。
玉砂利はその名からも分かる通り、土木工事などに使われる砂利に比べると丸みを帯び、玉状になっているのが特徴です。
玉砂利はもともと和風庭園のしつらえによく利用されていましたが、現在では和洋どちらのタイプの庭づくりにおいても人気のアイテムとなっています。
静寂さや清潔さを演出するのに役立つばかりでなく、土の上に敷き詰めれば雑草の繁茂予防にもなります。
この玉砂利の中には、防犯効果を兼ね備えた製品もあります。
これを防犯砂利といいます。
防犯砂利は、外見は普通の玉砂利とそれほど変わりませんが、その上を踏むと非常に大きな音を立てるという特徴を持っています。
一般的な製品の場合、音の大きさは地面から1メートルぐらいの地点で約70dbにも達すると言われています。
この音の秘密は、素材にあります。
たいていの防犯砂利は、廃ガラスを焼成して作られています。
そのため、熱せられた時に空気が逃げて行った跡が空洞となり、音が反響しやすいのです。
防犯砂利は通常のガーデニング用玉砂利と同じように庭のあちこちで使うことができますが、窓の下や玄関・勝手口の周囲などに敷き詰めておくと侵入者対策になります。
空き巣や下着泥棒などは自分が立てる大きな足音に驚いて逃げ出してしまいますし、防犯砂利について知識のある者ならそもそも家に近づくことを諦めます。
コンクリートの上に敷いても効果があります。

住まいの防犯について

砂利

玉砂利は、人が踏むと音が出るため防犯に役立ちます。きれいに敷くためには、事前に雑草を除去して地面を平らにした後に防草シートを広げます。音を響かせるためには、5センチメートルの玉砂利が必要です。玉砂利は均等に行き渡るように表面をならし、定期的にメンテナンスをするようにします。

もっと読む

十分な対策を行なう

住宅

家の防犯対策として、敷地内に玉砂利を敷く方法があります。玉砂利同士がこすれあうと、高い音を発します。玉砂利を敷く際は、あらかじめ雑草を取り除いておき、地面から5センチくらいまで敷き詰めて、地面が見えないようにしましょう。

もっと読む

防犯から考えたいこと

ウーマン

低コストで住まいの防犯セキュリティを高めるには、防犯用の玉砂利を敷くのが一番です。玉砂利であれば雑草の除去にも繋がりますので、庭の美観を保ちやすくなります。広範囲に敷く際は、家のデザインと合うカラーを考えて玉砂利を購入しましょう。

もっと読む